ヴィオラ協奏曲の伴奏は管弦楽や弦楽合奏によることが多い。しかし、それよりも小規模のこともある。ヴァイオリンも同じような感じである。最も、アマチュアは基本的にはピアノが伴奏となることがほとんどであるが。弦楽合奏に伴奏していただけることはめったにあることではない。むしろそのような機会があるのであれば、それはかなり練習したか、だいぶラッキーな人である。

ヴィオラの名曲はいろいろあります。私はビュータンがおすすめ。
ヴィオラの名曲はいろいろあります。私はビュータンがおすすめ。

管弦楽に伴奏してもらえるのもかなり貴重な経験である。私も小さいころからヴァイオリンを練習してきて、自分でもいうのはどうかと思うが、それなりに弾ける。しかし、このような機会にめぐりあったことは今までにない。もっとも、そういう機会が得られるように努力したわけでもないが。私自身、ヴァイオリンは趣味程度でとどまっており、ヴァイオリン奏者として生きていこうというわけでもないので、そのような機会はあればラッキーである程度にしか思っていない。